現在の自転車について

自転車といっても、現在では様々な種類があります。

例えば、一般的なものでいうと、シティバイクというものや、マウンテンバイクなど、通学や通勤用のものがあります。

また、マウンテンバイクの中でも高額なものやロードバイク、競技用バイクなどのもっと過酷な状況下でも走ることができるように設計されていたり、より早いスピードを出すことができるように設計されているものもあります。

さらに、持ち運びやすいように折りたたむことができる、折り畳みバイクというものもあって、旅行先でサイクリングをしたいといったときなどに便利なものです。

また、もっと細かく分類すると、子ども用のシティバイクやマウンテンバイクもあります。

さらに、切り替えといって、状況に応じてペダルを軽くすることができるものもあり、また、その中でも3段切り替えのものもあれば、36段切り替えのものもあり、それは用途によって様々です。

このように、様々な種類がありますが、やはり通勤や通学に使われるものが最も一般的です。

最近では、自動車の排気ガスなどによる環境汚染の観点からも、自転車での通学通勤は、自然にもやさしい交通手段であるという認識もあります。

今では、駅や地下鉄などの乗り場近くに駐輪場が設置されていることも多いので、駅や地下鉄まで行きやすくなっています。

一方で、サイクリングをすることを趣味としている人も多くいて、休日などを利用して遠くへ出かけて楽しんでいます。

このような人々は、遠くへサイクリングをするので、この場合は、通勤や通学に一般的に使われているシティバイクではなく、ロードバイクやマウンテンバイクを利用している傾向があります。

また、価格のついては、シティバイクだと、切り替えの有り無しや細かい設備の違いで幅はありますが、安いものだと10000円程度で買えるものもあります。

ロードバイクなどになると少々値が高くなり、やはり価格に幅はありますが、安いもので20000円くらいで買えますが、逆に高いものだと10万を大きく超えるものもあります。

このように、一言で自転車といっても、価格や設備に大きな違いがあり、自分の目的や用途に合ったものをうまく選択することが必要になります。

例えば、通勤通学の道が上下の激しい場合は、切り替え付きのシティバイクやマウンテンバイクを選ぶのが一般的です。

このように、自分の使用環境や予算などを考慮して購入するのが望ましいです。

Comments are closed.